初代畠茂が昭和元年、農家の生活向上を目的として、畠茂商店を旧鳴瀬町で創業いたしました。米どころ宮城の主要副産物である藁を縄や莚に加工する事業です。戦間期に旧古川町(現在の住所)に移転しました。戦後は、2代目の畠誠が、縄莚の加工機械の普及に努め、農家の副収入アップの為、事業を拡大いたしました。
 昭和40年代に入り、大崎地方にも生産工場が誘致され、弊社も次第に藁工品から機械工具の販売、特注機械の製作に業態をシフトさせていきます。そして、平成に入り鉄道関連、高速道路関連の開発、特注生産設備の製作に力を入れております。
 地域で「ものづくり」に汗を流している企業の皆様の少しでもお役に立ちたいという事が弊社のモットーです。企業間連携、産学官連携、地域づくりにも積極的に取り組んでいます。今後とも、明るく、元気に、前向きに皆様に信頼される開発型企業を目指し、活動してまいります。

代表取締役 畠 良記
代表・略歴はこちら

社屋外観

商号
代表者
所在地

創業
設立
資本金
従業員
決算期
株式会社 畠茂商店
畠 良記
〒989-6174 宮城県大崎市古川千手寺町1-5-21(地図
TEL:0229-22-0676 FAX:0229-23-7432  JR:031-6023
昭和元年4月1日
平成13年7月1日
1,000万円
10名
6月30日

より大きな地図で 畠茂商店 を表示
【アクセス】 (最寄駅)JR東北新幹線、古川駅から車で約5分 (車)東北自動車道、古川I.Cから車で約5分(駐車場完備)


株式会社 畠茂商店
〒989-6174
宮城県大崎市古川千手寺町1-5-21(地図
TEL:0229-22-0676
FAX:0229-23-7432
JR:031-6023(FAX兼用)

ホーム / お知らせ・新着情報 / 一般営業品 / 鉄道営業品目 / 特注品・納入例 / 自社開発商品 / 会社案内 / 関連リンク集 / お問い合わせ / プライバシーポリシー